ECサイトを構築する

物販のEC化が急速に進み続けている現代社会において、物販の世界で売上を伸ばすためにネットショップのオープンを考える人や企業は多いのではないでしょうか。

ネットショップをオープンするためには、まずECサイトを構築する必要があります。

ECサイトを構築するには、大きく分けて3つの方法があります。最初にできたECサイト構築手段が「パッケージサービス」、次にできたのが「ASPサービス」、そしてASPサービスが進化してできたものが「SaaSサービス」です。これら3種類のサービスには、それぞれ特色がありますので、その違いをよく理解し、自分が構築したいECサイトにぴったりのサービスを選ぶようにしましょう。

ネットショップ実体店舗をオープンするのも、ECサイト構築を構築しネットショップをオープンするのも、やらなければならないことは基本的に同じです。時折ショップデザインを変更し新鮮感を出したり、陳列商品を入れ替えたり、お客様の質問に答えたりしなければなりません。やっとお買い上げいただけたら次に商品を配送しなければなりませんし、アフターサービスや時には返品にも応じなければならないのです。売上を上げるために広告宣伝を企画実行する必要もありますし、利益を出すために費用をいかに抑えるかを考える必要があります

3種類のサービスを比較検討する際には、実際のネットショップ運営のために使いやすくカスタマイズできるサービスはどれか、そして、費用が安く抑えることができるサービスはどれかをポイントにしましょう。

このサイトでは、3種類のECサイト構築サービスの違いについて紹介させていただきます。